抜けた歯を補いたい(インプラント・入れ歯)抜けた歯を補いたい(インプラント・入れ歯)

  • ホーム >
  • 抜けた歯を補いたい(インプラント・入れ歯治療)

失った歯の機能を補う方法について

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまったときは、入れ歯ブリッジインプラントの3つの方法で機能を回復する必要があります。それぞれの治療法にはメリット・デメリットがありますので、ご自分に合った治療法を選択することが大切です。

鷺沼駅より徒歩2分の歯医者「かねやす歯科医院」では、患者様一人ひとりの症状やご要望に合わせた治療法をご提案しています。

入れ歯・ブリッジ・インプラント治療の違いについて

入れ歯(保険適用)治療 ブリッジ治療 インプラント治療
入れ歯(保険適用)治療 ブリッジ治療 インプラント治療
失った歯の本数に合わせて入れ歯(義歯)をつくります。部分入れ歯は金属製のバネを利用して固定します。 失った歯の両脇の歯を削り、両側の歯を支えとして連なった橋(ブリッジ)のように人工歯を被せる治療です。 歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯などを被せる治療です。

【メリット】

  • 保険診療の入れ歯は、治療費が比較的安価です。
  • 治療期間が比較的短くて済みます。
  • 周囲の歯を削らずに治療できます。

【メリット】

  • 見た目や噛み心地の違和感があまりありません。
  • 使用する素材により保険が適用されます。

【メリット】

  • 硬いものでもしっかりと噛めます。
  • 発声への影響もほとんどありません。
  • 見た目が自然なので違和感がありません。
  • 周囲の歯を傷つけたり負担をかけたりしません。
  • 歯がない部分の顎の骨があまり痩せません。

【デメリット】

  • 金属製のバネを使って固定するので、見た目が美しくありません。
  • 噛み心地に違和感があります。
  • 装着時に違和感があります。
  • 発音に影響することがあります。
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかります。
  • 顎の骨が痩せてだんだん合わなくなることがあります。
  • 毎日のお手入れが必要です。

【デメリット】

  • 両脇の歯を削る必要があります。
  • 両脇の土台となる歯に大きな負担がかかるので、将来、その歯を失ってしまう可能性があります。
  • 歯がない部分の顎の骨が痩せやすくなります。

【デメリット】

  • 自費診療となるので治療費が高くなる場合もあります。
  • インプラントを埋め込むために外科手術が必要です。
    ※ただし現在ではフラップレス術ガイデッドサージェリーの使用により、より低侵襲に行えるようになりました。

当院のインプラント治療

見た目も美しく、噛み心地も自然な「インプラント治療」は、歯を失ってしまったときの治療法として近年広まってきています。失った歯があった部分の顎にインプラントと呼ばれるチタン製の人工歯根を埋め込み、その上にセラミック製などの人工歯を被せる治療です。

当院のインプラント治療

ただし、自費診療となるので比較的高額な治療になり、インプラントを埋め込むには外科手術も必要なことから、「治療を受けたくてもなかなか踏み切れない」という方も多いかもしれません。そのため、当院では患者様にできるだけ低侵襲なインプラント治療を行っています。

最先端のシステムを導入しています

最先端のシステムを導入しています

当院では精度の高い治療計画を作成するために、インプラント手術の前には必ず歯科技工士と理想的な歯の形を模索し、歯科用CTを使って3次元画像で確認し、コンピュータによる手術シミュレーションを行っています。使用するインプラントも、現在のインプラントシステムのパイオニアであり世界中でもっとも使用されているノーベル・バイオケア社製のものを採用しています。

歯科用CT

歯科用CT

歯科用CTを使うことで従来のレントゲン写真ではわかりにくかった詳細な歯や顎の骨の構造まで、立体画像で正確に把握できます。多彩な機能が搭載されていますので、顎の骨の量や質、高さなどの精密な情報が得られ、人工歯根の最適な埋入位置を決めることが可能となります。

インプラントと入れ歯を組み合わせた治療法について

これまでのインプラント治療では、1本のインプラントに対して1本の人工歯を取り付けることが主流でしたが、最近では少ないインプラントの本数で総入れ歯を固定できるような治療も可能になっています。

All-on-4(オールオン4)

All-on-4(オールオン4)

上顎の4本と下顎の4本のインプラントだけでお口全体の人工歯を支えることができるのが「All-on-4(オールオン4)」です。インプラントの本数が少ないので比較的安価で、顎の骨の量が足りない場合でも増骨の処置が必要ありません。基本的に手術当日より固定式の歯で噛むことができます。

オーバーデンチャー

オーバーデンチャー

インプラントを支えにして入れ歯を装着するのが「インプラントオーバーデンチャー」です。顎の骨に最少の場合2本のインプラントを埋め込み、そこに総入れ歯を装着します。しっかり固定されるので、外れにくく、よく噛めるようになります。

手術に不安がある方へ~静脈内鎮静法について~

当院ではインプラント手術の際に、静脈内鎮静法を採用しています。これは鎮痛薬を点滴で少しずつ静脈に注入する方法で、緊張状態を緩和させ、不安感を和らげる効果があります。寝ているような感覚となるので、手術に対する不安や怖さといった精神的なストレスを感じなくて済むのが特長です。鎮痛作用はありませんので、局所麻酔と併用します。この静脈内鎮静法は麻酔医が担当します。

インプラント手術で使用している器具について
ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリーとは、インプラント手術の際にインプラントを埋め込む場所や方向をガイドするためのテンプレートを使用した手術のことです。まず歯科用CTのデータをもとにサージカルテンプレートを作製します。そのガイドをお口に取りつけてインプラントを埋め込みます。

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリーとは、顎の骨を削る機器のことです。ピエゾサージェリーは3次元超音波振動で削るので、削る範囲が小さく、神経や血管を傷つけません。骨が薄く、通常のドリルでは削れない場合の骨を削る方法として、とても効果的です。傷を少なく抑えられ、より安全で、回復が早いといわれています。

インプラント治療「10年保証」について

当院でのインプラント治療について、定期的にメインテナンスに来ていただいている患者様に10年保証をお付けしています。もし、10年以内に再治療が必要となった場合には、無料でインプラントの修復を行います。これは治療に細心の注意を払いながら進めているという自身の証しです。

インプラント治療について、もっと詳しく知りたい方はこちら 歯が抜けた方への不安解決サイト

しっかりと噛める入れ歯についてもご相談ください。

しっかりと噛める入れ歯についてもご相談ください。

歯を失ってしまったときの治療の中でもっともポピュラーなのが「入れ歯」です。「入れ歯は付けたときに痛くて、食べ物も噛みにくいもの」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。そのような不具合は、入れ歯がお口にぴったり合っていなかったり、噛み合わせがズレていたりすることで起こりますので、精巧につくられた入れ歯なら外れたりせずにしっかり噛むことができるはずです。

装着感や噛み心地に違和感をなくすために大切なのは、「正確な印象採得(いんしょうさいとく:口腔内の模型をつくること)」です。患者様の口腔内にぴったり合った入れ歯をつくり、噛み合わせを整えることで、「よく噛めて、外れにくい」入れ歯になります。当院では、さまざまなタイプの入れ歯をご提案しています。自分に合った新しい入れ歯を手に入れたい方や、今の入れ歯を修理したい方は、お気軽にお問い合わせください。

枠

治療したらそこがスタート~定期的なメインテナンスにお越しください~

治療したらそこがスタート~定期的なメインテナンスにお越しください~

インプラントや入れ歯は、完成した人工物を入れたら終了というわけではありません。インプラント治療を受けた場合は、メインテナンスを怠ると「インプラント周囲炎」という歯周病に似た病気にかかってしまうことがあります。そのままにしておくと顎の骨が溶け、せっかく埋めたインプラントが抜け落ちてしまうことにつながります。長く使い続けるためには、毎日のご自宅でのケアとともに、歯科医院での定期検診を活用して、きちんとメインテナンスを受けることが大切です。

毎日のケアが必要なのは入れ歯も同じです。毎日汚れを落とすことはもちろんですが、研磨剤の入っている歯みがき粉ではなく、入れ歯専用の洗剤とブラシを使用してください。また、入れ歯が合わなくなったり、外れやすくなったり、痛みが出たりした場合はもちろん、そうなる前に定期的に歯科医院に通って調整や確認をしてもらうことをおすすめします。

当院の考え方

当院の考え方

当院では、治療を行う際に「自分や家族が受けたい治療」を心がけています。最小限の治療で済むように、なるべく歯を長持ちさせるように、そしてお口全体の健康のためにはどうすればよいかをつねに考えて治療の選択をしています。

もし、私たちの家族が歯を失ってしまった場合、当院ならインプラント治療をすすめます。ブリッジ治療の場合は、健康な歯を削らなければなりませんし、部分入れ歯の場合はバネをかける歯に負担をかけてしまうからです。ただし、身体の病気により手術に適さない場合は、身体の健康を優先するのはいうまでもありません

インプラント治療に関しても、できるだけ安全性を高め、できるだけ負担をかけない方法で行います。患者様に対して、歯科用CTを活用し、ガイデッドサージェリーを採用しているのはそのためです。またお口の状態により、できるだけ歯ぐきを切らないインプラント手術をおすすめします。術後の腫れや痛みを抑えることができ、抜糸も不要なので、患者様への負担が軽減するからです。

歯を失ってしまったら、まずは当院にご相談ください。患者様のお口の状態やご要望を考慮して、患者様にご納得いただけるような治療計画をご提案します。